Compus


Compusについて

Compusとは、Communication on campusの略で、深く人と関われる力を身に付けるために、「聴く」「話す」「協調する」「発案する」など、コミュニケーションを他者と交流しながら体験的に学ぶプログラムです。
学生(主に大学生)を対象としたプログラムですが、学生以外の方への実施も可能です。

最近では、相手のプライバシーには踏み込んではいけないという思いから、消極的な姿勢を身に付けている人が多いですが、このプログラムでは、その殻を破って、相手のことを知る、相手に自分を知ってもらうといった、積極的なコミュニケーションの姿勢を身に付けます。



内容

全体を通して、4~6人程度のグループでグループワークを行います。


〈きく〉
2人ペアで話し手役と聴き手役になり、話し手が2回話をします。聴き手はそれぞれで違う聴き方をして、それによって両者にどのような影響があるかを体験します。

〈他己紹介〉
2人ペアで相互インタビューを行います。その情報をもとに、グループメンバーに、ペアの紹介をします。インタビューでは、ただ単にいろんな情報を聞き取るのではなく、返ってくる質問の答えから、その人がどんな人なのかを堀り下げる質問をしていきます。

〈企画会議〉
ここからは、「企画」「実行」「発表」の3つのミッションに挑戦します。グループである調査をするための調査テーマを考え、グループ内でのコミュニケーションを体験します。

〈インタビュー〉
企画会議で考えたテーマについて、他者へのインタビューという方法で調査を行います。インタビューでは、単に情報を得るために質問をするのではなく、その人の経験や考えを深掘りしていくように、質問の答えから話を広げていきます。自ら人に話しかけて話をするトレーニングになります。

〈ポスター作成〉
インタビューで得た情報をグループでシェアし、そこから何を考え、何を感じたかについてグループで話し合い、その内容をポスターにまとめます。考えを視覚化する難しさ、複数人で一つものを作る難しさなどを体験します。

〈プレゼン〉
作成したポスターを使い、インタビュー結果、そこから何を考えたかについてプレゼンします。どう伝えれば魅力的なプレゼンになるかを考えます。プレゼンをきく側は、プレゼンするグループに関心を向けてきくようにします。


人数

10名程度の少人数から、数百名の大規模まで、あらゆる人数での実施が可能です。
大人数の場合、ファシリテーターとして教職員・学生の協力が必要となります。ファシリテーター研修も行いますので、未経験でも問題ありません。ファシリテーター自身のコミュニケーション力向上にもつながるため、多くの方の協力が得られると、より良いプログラムにつながります。


時間

6時間程度
状況に応じて実施時間・方法は工夫いたしますので、お気軽にご相談ください。
1日で実施することが望ましいですが、1コマ(90分)を週に1回×4週ということも可能です。


費用

対象の人数等により変動しますので、詳しくはお問い合わせください。


実施までの流れ

お申し込み・お問い合わせから実施まで、1~2ヶ月以上必要となります。

お申し込み・お問い合わせ

実施費用の算出

実施時期の決定

お打ち合わせ
ファシリテーター研修(必要な場合)

実施

本プログラムでは、参加者のコミュニケーション力のスキルチェックと、その上達度のチェックを行います。その集計結果なども実施後にお伝えいたします。


実績

近畿圏某私立大学(正課)・島根県立大学(正課)・名古屋大学・岐阜大学


申込・お問い合わせ

申込・お問い合わせフォームからご連絡ください。
下記連絡先へのご連絡も承っております。

有限会社ケーアイピーピー
TEL:075-623-0823(平日9~17時)
E-mail:info@kipp-u.co.jp